引越し料金ってシーズンになるとなぜそんなに高いんだろう?

なぜなの?

需要が集中する3月4月といったシーズン時期は引越し料金も高い傾向にあります。そうは言っても、せいぜい3割り増し5割り増し程度じゃないのって思われる方も多いのではないでしょうか。普通の商品がそれだけ料金相場が上がるとかなり高いという印象を受けます。

でも引越し料金のシーズンの変動幅はこんなものではありません。私自身の経験で言うと、2倍3倍の料金アップは当たり前だったように記憶しています。感覚的には不作のときの野菜なんかの値段の動きに近いものがあるような気がします。

というのも引越し自体が時期により需要に大きな差があるからです。通常月は少ない仕事を複数の引越し業者が取り合うので、値引き合戦が繰り広げられます。暇だからといって正社員を遊ばせておくわけにもいかないので、かなり安い料金で受注することも多いのです。

シーズン以外のほとんどの月が赤字という業者もめずらしくなく、高い引越し料金で普段の月の赤字を取り戻したいという思惑が働きます。このシーズン時期だけは、引っ越しを断らなければいけないほど問い合わせが増えるため高額なシーズン料金による見積もりがまかりとおっているのです。

皆さんが少しでも料金値引きを獲得したいとお考えなら早めに動くことをおすすめします。日にちによる料金の違いがわかれば、引越し日を変更しようという気にもなるでしょう。

シーズンの中でも特に引っ越しが集中するのは3月後半から4月前半です。1年で一番高い引越し料金はこの時期に生まれます。これらのピークシーズンの時期を少しでも外すことで、引越し費用を節約できる可能性が高まります。

シーズン時期が悲しいのは高いからといってサービスが良い訳ではないこと。この時期は大量の仕事をこなす為にアルバイトや派遣の手を借りる業者が多く、相対的に仕事の質は下がります。高いのにサービスが悪いのが引越しシーズン時期なのです。

どうしてもシーズンの引越しが避けられない方は一括見積りを活用してみてください。複数業者から一度に見積りが取れるためお安く引越しできる可能性が高まります。シーズン時期であっても、たまたまご希望日の予定が空いていたという業者なら割安の料金を引き出せるかもしれませんよ。

↓一括見積りならこちらがおすすめ
1分で一番安い引越しを探す!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ