保管で荷物の紛失を防ぐオススメの梱包方法

梱包

長距離便や建て替えなどで、一時的に荷物を保管する場合があります。このような引越しの場合、梱包に気をつけていないと思わず荷物の紛失を招きかねません。

直接コンテナを持ってきて、そのまま保管しておいてくれる場合などは大丈夫ですが、一旦トラックに積み倉庫で積み替える場合であれば注意が必要です。積み替えの際に一旦避けておいた荷物が誰の物かわからなくなるなんてことがあるのです。

普通引越しの荷物には一個一個名前が記載されているわけでないので、こうなるとどうしようもありません。もちろんこれは引越し業者のミスなのですが、このような被害に合わないためにもできれば一個一個の荷物に名前なり連番なりを振っておいたほうが無難です。

面倒と思われる方はパソコンで印刷できるシール型のラベルを利用してみてはいかがでしょうか。これなら設定次第で同じ内容の文章を一気に印刷することができますし、後は各ダンボールに貼り付けていくだけです。

口コミなどを見ていても保管した荷物がなくなったという被害に合われている方は少なからずいます。後悔しないためにも試してみてください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ