長距離便が安い引越し業者の見分け方

良い業者が見つからない

長距離便の引っ越しは近距離のそれに比べて料金が高くなりがちです。移動距離が遠い分絶対的に引越し料金が高くなるのは仕方のないことなのですが、長距離便に力を入れている業者であれば長距離輸送に掛かるコストダウンには実績があります。そういった業者を選ぶことでより安い料金で長距離引越しをすることができるでしょう。

まず注目して欲しいのが長距離の輸送方法です。長距離便にとっては燃料代、人件費、高速代は大きなコストです。例えば日通やヤマトなどの大手であれば、引っ越しだけでなく小口の荷物もまとめて大型車両で運ぶことができるため、これらの費用を安く抑えることができます。

一般的な引越し業者で言えば、混載便などの輸送方法を謳っているかどうか。これらも理屈は同じで1台のトラックに複数のお客様の荷物を載せることでコストを抑えます。

輸送方法に関して言えばJRコンテナやフェリーなどを利用しても長距離便の引越し料金を安く抑えることが可能です。こういったことをホームページなどに記載をしている引越し業者であれば長距離便に力を入れているといって問題ないでしょう。

もう一点注目して欲しいのが、帰り便を確保できる業者かどうかということです。行きの便を混載便で安くできても帰りが空荷であればコストは割高になります。引越し先にも支店があるような業者であれば、帰り便を確保できる可能性も高まり往復の両方でコストダウンが図れるのです。

ご自身の引越し先に、支店があるかないかは重要なポイントになるかもしれません。これらのポイントを見極めて長距離便の引越し業者を選んでください。チャーター便で往復する引越し業者と比べて安い料金で見積もりしてくれる可能性が高いですよ。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ