引っ越しに追加料金は掛かるの?気を付けるべきポイント

お金が無い

せっかく事前に見積もりをしてもらったのに当日になって引越しの追加料金が発生してはびっくりしますよね。当日になって揉めないためにも見積もり時の確認は大切です。

実際に引越しで追加料金が多いのは、不用品を当日になって頼んだ場合です。梱包ができていなくて作業員に依頼した時も引越し料金の追加が発生するかもしれません。厳密には引越し代とは違いますが、エアコンのホースの延長も追加の料金が発生しやすい項目の一つです。

電話やメールだけで見積もりをしてしまった場合も注意が必要です。あなたの申告漏れによって荷物が載らない、想定よりも多い事態になれば引越しでの追加料金を請求されても仕方がありません。

仮に訪問見積もりに来てもらっていたとしても荷物が載りきらないという可能性はあります。その場合でも引っ越しで追加無しで運んでもらうために、最低限運んでもらう荷物を契約書に漏らさず記載してもらいましょう。

通常は全て運ぶと言う条件で見積もりをしますが、赤帽には時間制で料金を計算している場合もあります。こうなると想定以上の作業の遅れによる引っ越しでの追加料金を請求される場合もあるのです。

どのような場合にも見積もり時にきっちり確認しておくことが無駄な追加の料金を防ぐポイントになります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ