単身引越しで自転車や原付バイクがある時の注意点

自転車

単身引越しで自転車や原付バイクを荷物として持っていきたいとき、注意しておきたいことがあります。

単身の引越しにおける自転車や原付バイクはトラックの荷台の中で実際の容積以上にスペースを大きく取ります。こういった荷物があると積み重ねができないので、思った以上に他の荷物が載らないことがあります。

特に注意したいのがヤマトや日通の単身パックや赤帽などの軽トラを使った運送業者です。

前者はカゴ台車を使うので軽トラ以上に荷物は載りません。積み重ねしにくい荷物が一つあるだけで場所を占領してしまいます。原付バイクなどは完全に別便ですね。

これらに加え、スペースを取るベッドマットなどが引っ越しの荷物にあったなら、それだけでも大きなスペースが必要になってきます。

単身引越しで自転車や原付バイク、ベッドマットなどがあるなら、こういったタイプの引越し業者はおすすめできません。

積み重ねしにくい荷物がいくつかある場合は、2t車以上のトラックを使う引越し業者に依頼するのがトタールでの引越し費用も抑えることができると思います。

トラックによっては、自転車を荷台ではなく運転席の上に載せれるタイプがあります。

私が大手引っ越し業者で働いていたときもこのスペースにはしょっちゅうお世話になっていました。さすがに原付バイクを載せることはできませんが、荷台がいっぱいで自転車があるときにはいつも助かっていました。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ