新居がごく近いならピストン輸送がおすすめ

ダンボールがいっぱい

引越し先の新居がごく近い場合に利用できる格安の見積もり方法があります。それがピストン輸送(ピストン作業)という1台のトラックを何度も往復させて運ぶ方法です。

なぜピストンによる輸送方法が安いのかというと、引越し料金の決定に契約するトラックの大きさや台数は大きな比重を占めるから。

例えば4t分の荷物であっても4t車1台と、道が狭いために小さなトラック2台では後者の方が引越しの見積もり額は高くなります。

それなら何が何でもピストンによる輸送で引越しした方が安くなるかというと、そんな単純な話しではありません。その作業が半日で終わるか1日掛かるかも見積もりをするうえで大きなポイントの一つです。

引越し先が遠ければ移動時間が掛かり過ぎて2台なら半日で終わるところが1日掛かってしまう場合もあります。そうなればピストン輸送で引越し料金値引きのメリットは享受できません。

目安としては10分程度の移動距離でしょうか。これなら2回新居に向かっても移動に掛かる総時間は30分で済みます。

もし、あなたの引越し先がごく近いなら、ピストン輸送によって通常よりも安い引越しの見積もりが受けられるかもしれませんよ。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ