荷造りはどこまですれば?優先させるべきはここ

引越しの荷造り

引越しの荷造りを自分でやるプランを選んだ場合、どこまでダンボールに詰めればいいのか迷うこともあるかと思います。普通の引越し業者であれば、ダンボールに入る物であれば全て箱詰めして欲しいと言われることでしょう。

ここでは引越しの荷造りをどこまですればよいか、優先させるべき場所をご紹介します。引っ越し当日になっても荷造りが終わり切らないお客様は意外に多いので、優先させるべき荷造り範囲がどこまでかを知って効率よく梱包しましょう。

例外はハンガー掛けの洋服などで、たいていの引越し業者はハンガーボックスという荷造り用の専用資材をレンタルしてくれます。布団も専用の布団袋がありますし、普通の箱には入らない着物も専用のサイズの箱が準備されています。

衣装ケースなどはあえて出さなくても良いと思いますが、割れ物で満載になっている場合などは小さな箱に入れ替えて梱包した方ががよいかもしれません。タンスの中身も出さなくても良いという業者もいますが、家具への負担を考えると出した方が良いと思います。

ただし、引越しの荷造りが終わりきらない、ダンボールが足りないなどの不安があるならタンスの中身は後回しにしてよい場所です。それよりも台所回りの荷造りを優先したほうが、完璧にできていない場合でも積み残される可能性は低くなります。

食器棚を中身入りで運ぶというサービスをどこかの引越し業者がやっていたような記憶もありますが、食器はとにかく重いので仮に食器自体が割れなくても食器棚に大きな負担が掛かるでしょう。出してダンボールに詰めた方が安全です。

また中程度の家電製品は購入時の箱を残しているなら、その箱に荷造りした方が安全ですが、無いのなら引越しスタッフに任せましょう。

上記のどこまで荷造りすればよいかは多くの引越し業者に当てはまるものですが、業者によっては梱包にも細かなサービスの違いがある場合があります。気になる点があるなら直接問い合わせてみるのがオススメです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ